綾小路麗華・BJ・ディーコンのワクワクファンクラブ

アクセスカウンタ

zoom RSS なりきり劇場♪〜☆DHI−KON☆さんのキリ番リクエスト物語Part2〜

<<   作成日時 : 2006/10/20 14:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

※この物語はWWSPFの公開前に書いたものですので、多少現代との時代の遅れを感じる
物語となっております(笑)そして、ありえない事ばかりです。ディーコンのイメージも崩れてしまう可能性があります。予めご了承ください。

(前回のあらすじはこちら


ナレーション(以下ナ):・・・・前回、ビートルジュースと『どこかへ行こう』と約束をしたディーコン。今日はその待ち合わせの日。待ち合わせ場所は前回登場したビートルジュースの墓場。昼間でも、薄気味悪い墓場にディーコンは一人待ち続けていた・・・・

ディーコン:『気味悪ぃ〜な、ここ。早くあいつこねぇかな・・・』

:といっても、ここにあいつは住んでいるのである。

ディーコン:『・・・・・・・遅い。遅い、遅い、遅い、遅い、遅い。』

ガタッ!

ディーコン:『ひょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!』

:以外にビビリ屋のディーコン。・・・そんな奴をよそにノコノコと棺桶から毛の生えたパンダ・・・いや、BJ様のご登場である。

BJ:『・・・・おいしょ。どっこらしょ。・・・いやぁ〜・・・棺桶動かなくなっちゃって。』

ディーコン:『あ、あ、そう。』

BJ:『あと、さっき何かさ、『ひょ〜〜〜!!!』っていう、とてつもなくマヌケな悲鳴が聞こえたんだけど。誰か俺の事見つけてビビッてた?』

ディーコン:『い、いや?誰もいなかったが・・・き、気のせいじゃないか?きっとお前も疲れてるんだよ!ほら、疲れてるときとかって幻聴が聞こえたりするっていうじゃねぇか!あれだよ、あれ!あ、あと、いっとくけど、お、俺様じゃねぇからな!』

BJ:『ぜってぇ、コイツだな・・・・あ、そう。お前じゃないんだ!つまんね〜・・・。』

ディーコン:『上手くごまかせた・・・俺様はそんなにマヌケじゃねぇってんだよ!』

BJディーコン:『アハハハハハハ!!!!』

:二人とも笑っているものの、二人とも心の中は穏やかではない。

ディーコン:『・・・で、どこに行くんだ?』

BJ:『だから、ミッキューランドだっつうの!!!』

ディーコン:『あれ、本気だったの?』

BJ:『当たり前じゃん。耳かじって来たいから。』

ディーコン:『・・・・じゃあ、耳かじりの条件はなしにすれば・・・・』

BJ:『いっていいの?!』

ディーコン:『お、おぅ・・・。』

BJ:『イェ〜イ!イェイェイェイ!』

ディーコン:『よし!それじゃあ・・・・』

BJディーコン:『出発〜!!!!』

:・・・・といったものの・・・?

ディーコン:『どうやっていくわけ?』

BJ:『歩いて?』

ディーコン:『バカか!お前は!!!!』

BJ:『バカじゃねぇよ!!クレイジーだよ!!』

ディーコン:『あ、そう・・・・で、どうする?』

BJ:『じゃあお前の車。』

ディーコン:『ミッキューランド遠いから無理。』

BJ:『じゃあ飛行機?』

ディーコン:『金かかる。』

BJ:『じゃあ・・・・』

ディーコン:『で』

BJ:『ん』

ディーコンBJ:『しゃ

ディーコン:『よぉ〜し、じゃあ電車で〜♪』

BJ:『・・・・・ちょっと待って。』

ディーコン:『なんだよ。』

BJ:『なんで飛行機で行くのに金がかかるんだよ。無料じゃん。』

ディーコン:『なんで?』

BJ:『お前の飛行機で行けばいいんじゃん。』

ディーコン:『・・・・・え。』

BJ:『交通費もタダだしいいじゃん。』

ディーコン:『え〜・・・ぇ〜・・・・』

BJ:『じゃっ、決まりね!』

ディーコン:『お、おぅ・・・・。』

BJ:『じゃあレッツら・GO⇒♪』

ディーコン:『オ〜・・・でも、運転は?』

BJ:『お前に決まってるじゃん。』

ディーコン:『・・・・・・・・・』

:あまり、乗気じゃないディーコンをよそにテンションがバカ高いBJ。
  そして、飛行機に乗り込んだ二人。飛行機の中で二人は・・・・

BJ:『・・・なぁA、今度でさぁスペシャルショーファイナルじゃん?』

ディーコン:『おぅ。』

BJ:『何か淋しいね。麗華ちゃんにも会えなくなるし。』

ディーコン:『麗華ちゃんに会いたいならサイバーダイン社に行けばいいんだよ。』

BJ:『それダメ。追放されちゃうよ。』

ディーコン:『・・・・でもさぁ、お前公式HPのファイナルのページの所で『麗華の気持ちはどうでもいいけど』っていってなかったか?』

BJ:『う・・・・うん・・・・』

ディーコン:『そうだったの?じゃあ麗華ちゃんは俺様のもの?!』

BJ:『そうはさせねぇよ!!!あれは言わされただけ!!』

ディーコン:『っふ・・・・WWSPFのパンフレットの裏に・・・ごにょごにょ・・・・』

BJ:『んぁ?なにぃ??』

ディーコン:『べっつに〜♪』

BJ:『何だこのやろっっっ!!!』

:・・・といってディーコンに半分飛びつきかかるBJ。そして飛行機が大きく傾く。

ディーコン:『おいおいおいおい!!!危ねぇだろぉぉぉぉぉ!!!!!

BJ:『ふん。・・・・・あっ!あれミッキューランドの・・・・スンデレラ城じゃね?!』

ディーコン:『ス、スンデレラ城?!(本当の名前が出る所だったぜ・・・・ギリギリセーフだな・・・)どこだ、どこだ、どこだ!!!』

BJ:『っあ!バカ!お前が見ようとしたらまた飛行機傾くだろっ!!』

ディーコン:『ふん。・・・・おっ。そろそろ着くぞ!!』

BJ:『やったぁぁぁぁぁ!!!』

:ディーコン飛行機は無事ミッキューランドの駐車場に着陸。ゲストは何事かと大騒ぎ。・・・・そしてあの二人は・・・?

BJ:『・・・・何かすごい驚いてるね、お客さん。』

ディーコン:『中からお前が出てったら尚ビックリだろ。』

BJ:『・・・・まぁ、いいや。周りなんか見ないで、早く遊びに行こうぜぇっ!!』

ディーコン:『オ〜〜〜!!!!』

:そして、二人が出て行くとお客さんの反応は・・・?

お客さん:『・・・・・・・??何だろうね・・・え?パンダ?違うよ〜・・・しかも片方はハゲだし・・・でも、何か・・・・何かなに?・・・・仲良さそうだよね〜♪・・・仲良くなかったら二人でココに来ないでしょ!・・・あははははははは・・・・・

:二人はこの会話を一言ももらさず聞いていた。

BJ:『なんか前半の会話は言いたい放題俺様たち言われてたけど、後半さぁ・・・・』

ディーコン:『仲良さそうだってな・・・・・』

BJ:『・・・・こんなベテランハゲと?』

ディーコン:『うるせぇ!!俺様だってこんなミドリガメと・・・・』

BJ:『・・・・まぁ、いいじゃん。お互い様だよ。・・・とにかく遊ぼうぜ!!』

ディーコン:『OK〜♪』

:そして、初の頭文字Dランドへ!

BJ:『何、乗っかね?』

ディーコン:『そうだな〜・・・・スピュラッシュ・マウンテン!!』

BJ:『おっ!いいねぇ〜A♪・・・じゃあ行こうか♪』

ディーコン:『おぅ!!』

:そしてスピュラッシュ・マウンテンに到着。

ディーコン:『・・・・・130分待ちだってよ・・・』

BJ:『うわっ!マジ!?そんなに並ぶの嫌や!!』

ディーコン:『じゃあ諦めるか??ファスト何とかっていうのもあるけど・・・・?』

BJ:『・・・・いや。こんな事で諦めるのはビートルジュース様じゃねぇ!!・・・・・ディーコン。お前が説得して来い。』

ディーコン:『はぁ!?やるのは俺様かよ!・・・・ったくお前って奴は・・・・』

BJ:『まぁA!顔パスとかダメ??』

ディーコン:『ここ他社だぞ、お前!!!』

BJ:『そっか。』

ディーコン:『・・・・・なぁA。』

BJ:『ん???』

ディーコン:『あそこにいる女二人組みさぁ、やけにこっち見て笑ってねぇ??』

BJ:『物珍しいからじゃねぇの??』

ディーコン:『・・・・いや、違うな。おい、ビートルジュース。あいつらに向かって微笑みかけてみろ!!!』

BJ:『は?何で???』

ディーコン:『いいから!もしかしたら俺様達のファンかもしれねぇだろ!!』

BJ:『んな事あるかよ・・・・でも、ま。やってみっか・・・。』

:今までで最高の微笑みを彼女達に見せるBJ。

BJ:『・・・・どう??』

ディーコン:『あれ、俺様達のファンだな。』

BJ:『何で分かるんだよ!!』

ディーコン:『だって見てみろよ!!お前が笑ったの見て『キャーーー☆』とか言ってるし、おまけに首からエルモだぜ?絶対そうだな!!』

BJ:『・・・じゃあ話し掛けてみる??』

ディーコン:『いや!話し掛けるだけじゃダメだ。俺様の狙いは彼女達の心・・・・じゃなかった、あいつらが持ってるファスト何とかだ!!あれさえ手に入れば、アトラクションだってすぐに乗れる!!!!』

BJ:『なるほどねぇ〜・・・・じゃあやってみる???』

ディーコン:『当ったり前だろうがよ!!』

BJ:『うっし!!行くぞぉ!!』

ディーコン:『おぉ〜〜〜!!!!』

:そして二人組みの彼女達に接近。

BJ:『ねぇA、そこの可愛い子ちゃん♪』

彼女組A(以下A):『はい♪・・・あ、あのビートルジュースさんですよね!?』

BJ:『おぅ♪俺様の事知ってるんだ♪』

A:『もう大ファンなんですよー!!』

BJ:『Dランドにまで俺様のファンがいるとはな☆』

A:『で、こっちの子はディーコンさんの大ファンなんです☆』

彼女組B(以下B):『はじめまして☆』

ディーコン:『俺様の!?いやぁ〜照れるなぁ〜☆』

B:『で、お二人と写真撮らせて頂いてもいいですか???』

BJディーコン:『もちろんだぜ♪』

彼女組:『やったぁ☆』

ディーコン:『あ、でもよぉ、俺様達の願いを一つ聞いてくれねぇか???』

彼女組:『いいですよ☆何ですか??』

BJ:『あの、あの、俺と一緒に付き合っっっっっ・・・・・』

すぱこーん!!(スリッパで叩く音。

ディーコン:『ぶぁっか!違うだろ!!!』

BJ:『いってぇ・・・・つーかどっからそのスリッパ持ってきたんだよ・・・・』

ディーコン:『さっき二足歩行のネズミからもらったんだよ!!』

彼女達:『あはははははははは☆』

ディーコン:『めちゃAウケてる・・・・でな、そのお前達が持ってるそのファスト何とかって言うのをもらいたいんだ!!』

:『それならすぐそこでもらえますよ??』

BJ:『お前達からもらうからいいんじゃん☆』

彼女達:『じゃあサインと写真が一緒ならいいですよ♪』

BJ:『うっし!!じゃあ決まり☆』

:そしてサイン書きと写真撮影を済ませ・・・・

彼女達:『有難う御座います☆じゃあお約束のこれ・・・』

BJ:『おぉ!サンキュー☆今度はUSJに来いよな!!!』

彼女組:『はぁ〜い♪絶対行きます♪』

:そして彼女達は去り、さっそく・・・・

BJディーコン:『遊ぶぞぉぉぉぉぉぉぉぉ〜!!!!』

:スピュラッシュ・マウンテン。

BJ:『イェ〜イ☆』
ディーコン:『キョエ〜〜〜〜!!!!』

:お写真拝見☆

BJ:『・・・・お前写真凄い顔してんな!!ふひゃひゃひゃひゃひゃ☆』
ディーコン:『そんなに笑うなよ!!必死だったんだからよ!!』
BJ:『だって白目やん!!ふっひゃひゃひゃひゃひゃひゃ☆・・・・ていうかこのアトラクに誘ったのお前だろうだよ!ふっひゃひゃひゃひゃ!!!』

:ビョーンテッド・マンション。

BJ:『あ、友達いる。』
ディーコン:『はぁ!?頭文字Dランドだぞ、ココ!!』
BJ:『・・・・今頭文字Dで働いてるって聞いてたけど、ここだったんだぁ〜♪』

:ヒッグ・サンダー・マウンテン。

BJ:『ヒュ〜ヒュ〜〜〜♪』
ディーコン:『ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!』

:絶叫系アトラク終了。

BJ:『もうそろそろ帰らねぇとだな・・・・』

ディーコン:『・・・・(放心状態。)』

BJ:『あれ?お前絶叫系ダメだったんだっけ??』

ディーコン:『・・・・(放心状態。)』

BJ:『じゃあ・・・・最後何乗りたい??』

ディーコン:『・・・・(放心状態。)』

BJ:『もっかい、スピュラッショ行く?』

ディーコン:『(もの凄い早いスピードで首を横にふるディーコン。)』

BJ:『・・・じゃあ、何がいいの?』

ディーコン:『・・・笑うなよ・・・・?』

BJ:『たぶん。』

ディーコン:『・・・・イッツ・ア・シュモール・ワールド・・・・かな・・・』

:一瞬の間。

BJ:『ふっひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ〜!!!!!!』

ディーコン:『笑うなって言っただろ!!!』

BJ:『ふ、ふ、ふ、ふっひゃひゃひゃひゃ〜!!!!じゃ、じゃあ行こうか!!(笑)』

ディーコン:『・・・・おう。俺様あれ大好きなんだよなぁ〜♪

BJ:『何か言ったか?行くぞ(笑)』

ディーコン:『いや、何も。じゃあ行こ。』

:イッツ・ア・シュモール・ワールド

BJ:『(つまらない。)』
ディーコン:『(目を輝かせて見物中。)』


ディーコン:『楽しかったなぁ〜♪』

BJ:『お・・・・おう・・・・。』

ディーコン:『絶対また来ような!!!!』

BJ:『え!?あ、もちろんだぜ♪』

:そして2人の旅は終わった。
  が、しかしディーコンの意外な姿を知ってしまったBJは
  今後、2人で頭文字ランドへ行く事はなかった・・・・(爆)


☆DHI-KON☆さん、遅くなりスミマセン;;;
そしてディーコンめっちゃ絶叫苦手キャラに仕上ってしまいました(笑)
BJの頭文字Dランドの友達は○ジェ○ドさんをイマジネーションして書いてみました♪

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉっ!!!これはなんて!!おもれ〜〜!!!ディーコンが・・イッツアなんとかかんとかのファン!?ありえへん(爆)ちょっと読みながらいろいろ妄想・・想像!!!していたんでおもろかったです!俺様的にビーちゃんがケンちゃんなのがうれしいっすね(爆)Dコンは髭ちゃん・・?髭ちゃん!髭ちゃん!こんどは〜モヒモヒでwたのんます!んじゃっ!ありがとう御座いました!
☆DHI−KON☆
URL
2006/10/21 14:25
☆DHI−KON☆さん>
いらっしゃいませ〜♪
実はディーコンそういうキャラだったんです(爆)
BJはケンちゃんのつもりで、ディーコンは特には決めてません(笑)
ディーコンの書き分け出来ないんです;;;(麗華嬢も。
またキリ番踏んで頂ければ何でもしたしますよ(笑)

それではまたのお越し&コメントお待ちしております♪
*麗華*
2006/10/21 20:54
ディーコン(ハゲ)とBJの組み合わせで、ミッキューランドに行くとは……。なかなかおもしろいですね。ディーコンがひそかに(?)イッツ・ア・シュモール・ワールドのファンだったとはしりませんでしたよ……しかも絶叫系無理だったとは……。OX、クラウンに言うときっと笑いものにされますね。(笑)
やっぱりBJはケンちゃんだったのですね。。。読んでいてそんな感じがしておりました。これからも、こんなのをよろしくお願いします!!(笑)でわA。。
つん
2006/10/22 08:14
つんさん>
いらっしゃいませ〜♪
面白いと言って頂けるととても嬉しいです☆
OXとクラウンはディーコンがイッツ・ア・シュモール・ワールドのアトラクが
大好きだっていう情報を麗華嬢に流しちゃったり・・・(爆)

BJがケンちゃんだって分かって頂いて嬉しいです♪
ケンちゃんは結構書きやすいんですけど、
『ここをどうしたらケンちゃん風になるんだろう・・・』とか
迷う時も(爆)
こんな物語でよければいつでも作ります(爆)

それではまたのお越し&コメントお待ちしております♪
*麗華*
2006/10/22 11:41
しまった〜〜〜〜〜〜、完全に出遅れた!!!
今回の話、すっごい面白かったです^^
BJしゃんはケンさんでしたかw
めっちゃ嬉しいですw
・・・ま、まさか、○ジェ○ドさんって・・・
あのBJさんですか!?
まさかミッキューランドにいるとは・・・ライバル社なのに・・・
けど、何処に行っても○ジェ○ドさんは○ジェ○ドさんですよね!
それでは次回の更新楽しみにしてます!
頑張ってください!!

xxatomxx
URL
2006/10/22 21:07
xxatomxxさん>
いらっしゃいませ〜♪
面白いと言っていただけて凄く嬉しいです♪
○ジェ○ドさんはあの○ジェ○ドさんで合ってます(爆)
いつもコメント有難う御座いますm(_ _)m

それでは、またのお越し&コメントお待ちしております♪
*麗華*
2006/10/22 23:23
お久しぶりです明火です。
今週の土曜日*麗華*さんもUSJにインとのことで相談なのですが、私達も朝からいるのですがいっその事一緒にインしませんか?(大勢いた方が楽しいですし)
明火
2006/10/24 21:07
明火さん>
いらっしゃいませ〜♪
そして、本当に申し訳ありませんでした;;;;
28日、12時にユニモン前には居たのですが気が付かず;;;;
本当に申し訳ありません・・・・。
こんな私でよければこれからも宜しくお願いいたします。

それでは、またのお越し&コメントお待ちしております!
*麗華*
2006/11/05 23:01
こんばんわ
*麗華*さん私からもごめんなさい;
当日は連れも一緒だったので12時に行けなかったんです;本当に申し訳ありません;;
今後とも宜しくお願いします^^
明火
2006/11/11 01:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なりきり劇場♪〜☆DHI−KON☆さんのキリ番リクエスト物語Part2〜  綾小路麗華・BJ・ディーコンのワクワクファンクラブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる